2011年11月4日金曜日

魚の漢字の由来 秋の魚「秋刀魚」

秋は何と言っても秋刀魚の季節。秋刀魚の塩焼きは素朴ながらも絶品だ。日本の落語でも、「サンマは目黒」という御題でおなじみである。
 さてサンマは中国語で秋刀鱼と書く。因みに我々におなじみの魚は下のようになる。日本語のように一字でその名前を表すものは少ないようで、大体が鯛、竹荚、金枪のような修飾語が付き、全体で魚の名前を表すようである。その点獣の名前には牛、猪など一字でその動物を表すものが多いようで、その点からいっても中国では魚文化は日本ほど発達していない証拠かも知れない。
  • 秋刀魚     秋刀鱼
  • 鯛                     鲷鱼
  • 鯵        竹荚鱼
  • 鮪        金枪鱼
 さて魚の漢字はどのようにしてできたのか。その由来を探ってみよう。

「魚」の変遷

甲骨文字の魚はちょうど絵の中の大きな魚である。頭と尾と背部にひれを持っている。小篆の尾鰭のわきの二つの点は水滴を表す。よく魚の形を表している。楷書は完全に4つの点になっている。簡体字ではこの4点は横棒一になっている。

金文中の魚を表す味のある文字

   "魚”の字は部首で漢字の中では「魚」と組み合わせて、全て魚と関係を持っている物を表す。

0 件のコメント:

コメントを投稿

コメントを残して戴くようお願いします。個々に対応させていただきます。