2011年11月5日土曜日

「妻」という漢字 婚姻という甘い言葉の陰に女性の厳しい現実

「妻」の字の変遷
女性がセックスの後髪の乱れを整える様
  妻は婦人と夫が一緒に住む者をいう。甲骨文字では、女の傍に手を付け加えている。これはセックスの後女性が乱れた髪を整える様を表し、男女がセックスをすませた後、女が髪を直す有り様を表現している。
  金文と小篆では「又で示される手」を女子の髪の中に差し入れている状態を示し、後に配偶者を示すようになった。


  本来妻は女性が性交後、男との関係が実質上変わることをいう。後に王権父系制が徹底的に実現され、 婚姻の形態が変わり、妻の語義が変化し、性の関係の意味が女子の人の妻としての意味に変わって、女性が関係を持った男子と終生随伴するという意味を持つようになった。このように漢字の変化は、社会の役割と身分の変化を示している。


更に詳しく》次へ

0 件のコメント:

コメントを投稿

コメントを残して戴くようお願いします。個々に対応させていただきます。