2012年3月19日月曜日

「吊」は「弔」とはこれいかに その起源と由来


昨年の晩秋、由布院温泉に行ってきた。全山燃えるような紅葉を期待したが、時期的には1週間ほど早く、ただ温泉につかって帰って来た。しかし温泉はやはりいいものである。
 温泉につかりながら、文学的感傷に浸りながら、出てきたのは品格とはほど遠いもの。されど如何にも世俗的で却ってこのサイトの雰囲気に合うのかもしれない。
  「吊るし柿 青湯でぶらぶら 二つ四つ」 やはり顰蹙ものだ。
 由布院には「青湯」と呼ばれる温泉があり、御湯の色は青色で、褐色の由布岳との対比で印象深かった。

  さて、ここで「吊し柿」の「吊」に注目したい。


「吊」:本来は「弔」と云う字がもっぱら用いられていたが、
「弔」が「弔問」と云う場面で使われることが多くなったため、
吊るすという意味では「吊」という俗字が使われる様になった
  「吊」この字は会意文字である。甲骨文字の「吊」の字は一人の人が縄で縛られて吊るされているデッサンである。金文は甲骨文字を受け継いでいる。小篆は美観のある字体を使うようになって正に人の上部が変形し、楷書では更に省略され「弔」となった。
 もともとこの「弔」の字が「吊る」の意味の正字であったが、「弔」が「弔問」の意味に常用されるようになったため、漢字の簡体字化の時、本来異体の俗字の「吊」が正体と規定された。どうも見たところ、かろうじて人を縛った後でも、古人は未だ逃げることが出来ると考えたようだ。


  だから古人は「梱」は縛る(物と一緒に巻きつける)ということで、「(物の上に吊り下げる)と一体をなす。「弔(吊)」の本義は縛る、括って吊り下げるということである。又「吊」古文の中では「お悔みを言う」意味即ち慰問に用いられている。

0 件のコメント:

コメントを投稿

コメントを残して戴くようお願いします。個々に対応させていただきます。